ヤシガニ(英名/Coconut crab,Robber crab)

Scientific Name / Birgus latro (Linnaeus,1767)

ヤシガニの形態写真

甲長15センチ近くになり、重さ2キロのものもあるという。甲は逆ハート形で黒く銅を思わせる色合い。ハサミはとても強靱。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目異尾下目オカヤドカリ科ヤシガニ属
    外国名
    英名/Coconut crab,Robber crab
    学名
    Birgus latro (Linnaeus,1767)
    漢字・学名由来
    漢字 椰子蟹
    由来・語源 ヤシなどの林にいるカニ(実際にはオカヤドカリ)という意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    アンマク
    場所沖縄本島 
    マッカン
    場所八重山地方 
    マクガン
    場所宮古島 
    生息域
    幼生期は海水生。成長すると陸生となる。
    沖縄諸島。台湾、インド西太平洋、南太平洋。
    生態
    ココヤシ、アダンなどの林にいて、昼間は穴などに隠れて、夜活動する。
    エサはヤシの実を始め雑食性。
    基本情報
    沖縄では食用とされている。
    珍しさもあって、高価で取引されている。
    またミクロネシアなどでは養殖が試みられている。
    また輸入物もあるが、まだ沖縄ですら珍しいだけの食材で一般的ではない。
    水産基本情報
    市場での評価 主に沖縄だけで流通しているもの。とても高価。
    漁法 採取
    産地 沖縄
    選び方
    原則的に生きているもので、持ち重りのするもの。
    味わい
    旬は秋。
    宮古島、石垣島などでは採取時期を限定している。
    有毒成分はまだ明らかになっていないが、採取した地域によっては嘔吐や下痢、手足のしびれなどの症状が出る。
    死者が出た例もあるので注意が必要。
    殻は硬い。
    筋肉はクセがなく濃厚な旨みと甘みがある。
    ミソも美味であるが、内臓に有毒成分があるとして除去することもある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 ゆでる
    ゆでる◆いっぱんに塩ゆですることが多い。殻が硬く、食べづらいが非常に旨みが強く、筋肉はほどよく繊維質で柔らかい。ミソは濃厚で嫌みがない。
    ヤシガニの塩ゆでゆでる◆いっぱんに塩ゆですることが多い。殻が硬く、食べづらいが非常に旨みが強く、筋肉はほどよく繊維質で柔らかい。ミソは濃厚で嫌みがない。
    好んで食べる地域・名物料理
    沖縄本島、宮古島、八重山。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    環境省の絶滅危惧種Ⅱ類に登録されている。乱獲、違法な採取は慎みたい。また養殖の確立などを望む。
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『沖縄食材図鑑』(NPO法人 食の風 沖縄・奄美スローフード協会 楽園計画)
  • 主食材として「ヤシガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ