ミナミコノシロ(Fourfinger threadfin 四指馬鮁、四絲馬鮁、竹午、大午、午仔、鬚午仔(澎湖)、發鬚午仔(澎湖))

Scientific Name / Eleutheronema tetradactylum (Shaw, 1804)

ミナミコノシロの形態写真

74cm SL 前後になる。胸鰭遊離軟条は4。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ツバメコノシロ亜目ツバメコノシロ科ミナミコノシロ属
    外国名
    Fourfinger threadfin 四指馬鮁、四絲馬鮁、竹午、大午、午仔、鬚午仔(澎湖)、發鬚午仔(澎湖)
    学名
    Eleutheronema tetradactylum (Shaw, 1804)
    漢字・学名由来
    漢字/ミナミコノシロ
    由来・語源/不明。熱帯域に多いツバメコノシロの意か。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。沿岸や大陸棚上の泥底。
    青森県深浦、鹿児島県南さつま市笠沙、東シナ海大陸棚(北緯30度以南)。
    済州島、台湾西岸、遼寧省〜広東省の中国沿岸、海南島、トンキン湾、南沙諸島。
    生態
    基本情報
    台湾では一般的な食用魚。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/日比野友亮さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ミナミコノシロ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ