ボウシュウボラ(Japanese triton, Trumpet shell)

Scientific Name / Charonia lampas sauliae (Reeve,1844)

ボウシュウボラの形態写真

殻長25センチ前後になる。大型で、非常に貝殻が硬くコツゴツして無骨。ナンカイボラよりも突起がはっきりして、文様も鮮やか。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科ホラガイ亜科ホラガイ属
    外国名
    Japanese triton, Trumpet shell
    学名
    Charonia lampas sauliae (Reeve,1844)
    漢字・学名由来
    漢字 房州法螺。
    由来・語源 千葉県(房州)に多い巻き貝。
    地方名・市場名 [?]
    ホラガイ ポッポ ポッポケイ ポッポガイ ポーポー ポーポーケイ ポーポーガイ ケッポ ブイブイ

    アカデンボ アカボッポン オケミナ ギャッポ ケェッポ ケミナ コウカイ ツボ デンポケイ ナキミョウジン ナキミョーブ ブウゲ ブッブケ ブンブンガイ ベイボ ベーガイ ポーボンゲ ホーランケー ボラ ホラガイボッボ ホラゲイ
    参考文献より。 
    生息域
    海水生。房総半島、山口県以南。フィリピン。
    潮間帯から水深50メートルの岩礁域。
    生態
    冬に産卵。
    ヒトデ類を好んで食べる。
    基本情報
    外洋に面した岩場などに普通の大型の巻き貝。
    専門に狙う量はなく、イセエビ漁や浅い海域での刺し網などにかかってしまうもの。
    食用とはなるが唾液腺、ワタなどにフグ毒と同じ成分があり、食べるのは筋肉のみ。
    貝殻が硬く、食用にするための下ごしらえが大変であるために、日本各地で細々と食用となっているもの。
    また大きくて美しい貝殻はホラガイ同様に楽器に、装飾品などに加工される。

    水産基本情報
    市場での評価 関東では入荷量は少ない。値段は安い。
    漁法 刺し網
    主な産地 千葉県、神奈川県、徳島県ほか
    選び方
    生きのいいもの。古くなると貝殻の色合いが薄くなってくる。
    味わい
    旬は不明。
    食べるのは足(筋肉)のみ。
    内臓にはフグ毒が見つかっている。
    生で食べる。
    貝の風味が強く、食感が強い。
    ●注/内臓にはテトロドトキシンがあるので食べないこと
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、煮浸し
    刺身◆食べるのは身の部分だけ。生のままよく滑り(粘液)を揉み出す。よく洗い流して食べる。粘液を除去するのには時間がかかる。塩を使うと時間を短縮できる。
    煮浸し◆短時間熱湯に通して、しょうゆ味のつゆに漬け込むのも美味。
    ボウシュウボラの刺身刺身◆食べるのは身の部分だけ。生のままよく滑り(粘液)を揉み出す。よく洗い流して食べる。粘液を除去するのには時間がかかる。塩を使うと時間を短縮できる。
    煮浸し◆短時間熱湯に通して、しょうゆ味のつゆに漬け込むのも美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    千葉県内房。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 内蔵からフグ毒が発見されている。
    ■ 楽器、法螺貝の材料のひとつ。山伏などが修業に使う。
    ■ 漁村、海辺などで食用とされている。
    フジツガイ科について◆
    ■ 形、大きさは多様。
    ■ 肉食性。棘皮動物のヒトデなどを襲う。
    ■ 軟体(足)に斑紋があることが多い。
    ■ 国内に40種以上。
    ■ 食用となる貝にはアヤボラ、ボウシュウボラ。
    ■ ホラガイ、ボウシュウボラなど楽器として使われることがある。(山伏が修業時、軍師が合戦時に吹いた。「法螺を吹く」などの語源)
    ■ 唾液腺などにテトラミンやフグ毒、解明されてない毒を持つものがある。注意が必要。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ボウシュウボラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ