ビゼンクラゲ(Jelly fish)

Scientific Name / Rhopilema esculentum Kishinouye, 1891

代表的な呼び名クラゲ

ビゼンクラゲの形態写真

鉢の直径50cm前後になる。一般的なクラゲ型で赤味を帯びている。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    刺胞動物門鉢虫綱根口クラゲ目Daktyliophorae上科ビゼンクラゲ科ビゼンクラゲ属
    外国名
    Jelly fish
    学名
    Rhopilema esculentum Kishinouye, 1891
    漢字・学名由来
    漢字 備前水母、備前海月
    由来・語源 備前(現岡山県)児島湾でとれたため。
    クラゲは和名本草などには海月とあり、水母ともとある。〈備前の産を上物とする。〉『和漢三才図会』(寺島良安 東洋文庫 平凡社 正徳2年 1712)
    Kishinouye
    岸上鎌吉(きしのうえ かまきち 1867-1929)。水産学者。水産学の黎明期に甲殻類、棘皮動物、魚類など様々な分野を研究した。
    地方名・市場名 [?]
    アカクラゲ[赤水母]
    場所有明海周辺 
    生息域
    海水・汽水生。
    瀬戸内海、有明海。朝鮮半島、中国沿岸。
    生態
    基本情報
    「備前水母」は奈良時代には朝廷に献上されていたが、種はわからない。ビゼンクラゲ属のビゼンクラゲ、ヒゼンクラゲの可能性が高い。
    有明海では春に小型のものが現れ、8月に漁の最盛期を迎える。網ですくい、浜などで生では食べられないもので、ミョウバンと塩で漬け込んだものを利用する。
    有明海では色合いからヒゼンクラゲの「白水母(しろくらげ)」、「赤水母(あかくらげ)」の2種が漁獲されて、加工されて全国に流通している。独特の歯触りを楽しむ。
    水産基本情報
    市場での評価 ほぼ総てが有明海周辺で取引される。また中国産は塩漬け加工したものが年中流通し安い。
    漁法 すくい網
    産地 佐賀県
    選び方
    赤いもので、寒天質でしっかり形をなしているもの。
    味わい
    塩漬けなので旬はない。
    漁期は夏。
    寒天質で旨みや脂はなったくない。
    こりこりとした食感を楽しむもの。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ビゼンクラゲの料理法・調理法・食べ方/もどして酢の物、サラダ

    ビゼンクラゲの酢の物(クラゲの酢のもの) 塩水に漬け込んだものを流水で塩出しして、水分をよくきる。これを塩で殺したきゅうりと和えて、甘酢を加えたもの。こりこりとした食感が身上で食事の間の口直しにいい。

    好んで食べる地域・名物料理
    福岡県柳川
    加工品・名産品
    きざみくらげ(塩漬け)/佐賀県、福岡県。ミョウバンと塩で漬け込んだもの。刻んで袋詰めになる。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「ビゼンクラゲ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ