ハリダシエビス(West Pacific luminous roughy)

Scientific Name / Aulotrachichthys prosthemius (Jordan and Fowler, 1903)

ハリダシエビスの形態写真

体長6cm前後。胸鰭から後方に続く発光器は尾鰭直前まで伸びる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目ヒウチダイ科ハリダシエビス属

    外国名

    West Pacific luminous roughy

    学名

    Aulotrachichthys prosthemius (Jordan and Fowler, 1903)

    漢字・学名由来

    漢字 針出恵比須
    由来・語源 鰓蓋骨後方に刺(針)があるためだと思われる。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。伊豆大島、房総半島東岸-鹿児島県南岸の太平洋沿岸、鹿児島県の東シナ海沿岸(笠沙)、兵庫県浜坂。台湾南部、ハワイ諸島。

    生態

    基本情報

    暖かい海域の定置網などに混ざる典型的な雑魚のひとつ。
    現在のところ本種を利用している例はない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ハリダシエビス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ