ハナミョウガ

Scientific Name / Alpinia japonica (Thunb.) Miq

ハナミョウガの形態写真

長さ30-60cm。葉は笹の葉のようで中央部分がやや広く先端がとがる。偽茎が地上から立ち上がり赤色の筋のある花を咲かせる。実は赤い。
ハナミョウガの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
長さ30-60cm。葉は笹の葉のようで中央部分がやや広く先端がとがる。偽茎が地上から立ち上がり赤色の筋のある花を咲かせる。実は赤い。長さ30-60cm。葉は笹の葉のようで中央部分がやや広く先端がとがる。偽茎が地上から立ち上がり赤色の筋のある花を咲かせる。実は赤い。長さ30-60cm。葉は笹の葉のようで中央部分がやや広く先端がとがる。偽茎が地上から立ち上がり赤色の筋のある花を咲かせる。実は赤い。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    分類
    植物界被子植物単子葉植物ショウガ目ショウガ科ヤブミョウガ属
    外国名
    学名
    Alpinia japonica (Thunb.) Miq
    漢字・学名由来
    漢字/花茗荷
    由来・語源/葉や茎の形がミョウガに似ていて、花がまっすぐ立ち上がった偽茎の先端につくことから。
    地方名・市場名 [?]
    シュクシャ
    備考和歌山県南牟婁郡紀宝町浅里では、なれずしを包み漬け込むときに使う。 参考20190308 場所三重県南牟婁郡紀宝町浅里 
    生息域
    陸上植物(陸生植物)。産地の日陰になるところ。
    本州関東地方以西、四国、九州。
    生態
    基本情報

    三重県紀宝町浅利地区でアユのなれずしを包む
    三重県南牟婁郡浅里地区では「なれずし(生なれ)」を作るときに、1つ1つのすしを本種で包んで漬け込む。殺菌効果もあるだろうし、とてもいい香りがするためもあるようだ。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ハナミョウガ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ