ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナミマガシワ

Scientific Name / Anomia chinensis Philippi, 1849

ナミマガシワの形態写真

直径4-5cm前後。貝殻の色は赤みを帯びたもの、黄色みを帯びたもの、白いものなど多彩。右の貝殻の表面には放射肋に見える筋状の隆起が出るものと、ないものがある。左貝殻には足糸を出すための正円状の孔がある。
ナミマガシワの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
直径4-5cm前後。貝殻の色は赤みを帯びたもの、黄色みを帯びたもの、白いものなど多彩。右の貝殻の表面には放射肋に見える筋状の隆起が出るものと、ないものがある。左貝殻には足糸を出すための正円状の孔がある。直径4-5cm前後。貝殻の色は赤みを帯びたもの、黄色みを帯びたもの、白いものなど多彩。右の貝殻の表面には放射肋に見える筋状の隆起が出るものと、ないものがある。左貝殻には足糸を出すための正円状の孔がある。直径4-5cm前後。左貝殻には足糸を出すための正円状の孔がある。
以下ユーザーの皆様からのアップロード写真
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    動物界軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目ナミマガシワ科ナミマガシワ属
    外国名
    学名
    Anomia chinensis Philippi, 1849
    漢字・学名由来
    漢字/波間柏
    由来・語源/『目八譜』より。柏(カシワ/ブナ目ブナ科)の葉を伏せたような形の貝殻だから。
    シナタソガレ(1905 岩川友太郎)、老成個体には平瀬與一郎アラナミマガシワ(1909)と命名したことがある。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。水深20mよりも浅い、岩礁域。岩や小石、貝殻などに付着する。
    北海道南部以南。
    生態
    基本情報
    いろんな形や色があり、見ていて楽しい貝だ。
    食べるとおいしい貝ではあるが、岩や貝殻に付着していてまとまった量を採取するのは困難。
    そのために食用としている地域が少ないようだ。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/齋田尚希さん(高知県)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ナミマガシワ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ