トミヨ(Amur stickleback)

Scientific Name / Pungitius sp.1

トミヨの形態写真

体長7センチ前後になる。背中の鰭棘は7本以上。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スメグマモルフ系トゲウオ亜系トゲウオ目トゲウオ亜目トゲウオ科イトヨ属
    外国名
    Amur stickleback
    学名
    Pungitius sp.1
    漢字・学名由来
    漢字 富魚
    由来・語源 青森県弘前での呼び名。「とげうお」の転訛か。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    淡水魚。水の澄んだ細流、池沼。
    太平洋側では岩手県以北・日本海では福井県以北の本州、北海道。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
    地方名・市場名 [?]
    カツオ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所兵庫県柏原 
    トンギヨ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所北海道網走 
    トゲブナ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所埼玉県川越 
    ハリウオ(ハリオ)
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所富山県 
    ガリセンボ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所富山県生地 
    クニモリ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所山形県清龍寺川 
    イシャジャ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所新潟県・新発田 
    イサザ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所新潟県新発田 
    ハリサバ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所石川県金沢、北陸 
    サバ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所福井県鯖江市新横江 
    カガリ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所秋田県八郎潟 
    トンミョ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所青森 
    トミヨ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所青森県弘前、神奈川県江ノ島 
    トゲウオ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所青森県津軽 
  • 主食材として「トミヨ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ