ツツガキ

Scientific Name / Nipponoclava gigantea (Sowerby,1888)

ツツガキの形態写真

貝殻は小さく、水管が長く、成長にともなって石灰質の筒型の管を伸ばしていく。土管状で先端は花びら状にやや開く。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱ウミタケガイモドキ目(異靱帯目)ハマユウガイ上科ハマユウガイ科ツツガキ属

    外国名

    学名

    Nipponoclava gigantea (Sowerby,1888)

    漢字・学名由来

    漢字 筒牡蠣
    由来・語源 筒状のカキ。カキの仲間ではないがカキに近いものに思えるためか?
    カキの語源
    「石から〈掻き〉落とす」、「殻を砕いて〈欠いて〉とる」、「貝殻が〈欠け〉やすい」、「〈掻き〉出して食べる」からくる。

    地方名・市場名

    タッゲ
    場所鹿児島県 

    生息域

    海水生。房総半島〜九州。
    水深5メートル〜40メートル。

    生態

    基本情報

    一般的には収集の対象。
    食用とは思われていない。

    水産基本情報

    市場での評価 流通しない。食用とみなされていない。
    漁法 刺し網
    産地

    選び方

    味わい

    旬は不明。
    可食部は筒の根元にほんの少しだけ。
    形はナミガイに似ており、食べ方も同様。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 湯引き
    湯引き◆水管を開いて軽く湯引きする。甘みが強く貝らしい風味もある。





    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ツツガキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ