シャチブリ(Pacific jellynose fish)

Scientific Name / Ateleopus japonicus Bleeker, 1853

シャチブリの形態写真

TL 1m前後になる。頭部は円筒形で尾に向かって側へんする。頭部、特に吻周辺はゼラチン質でぶよぶよしている。糸状の腹鰭は長く胸鰭始部分を超える。下顎には歯がなく上顎にはある。
シャチブリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
TL 1m前後になる。頭部は円筒形で尾に向かって側へんする。頭部、特に吻周辺はゼラチン質でぶよぶよしている。糸状の腹鰭は長く胸鰭始部分を超える。下顎には歯がなく上顎にはある。TL 1m前後になる。頭部は円筒形で尾に向かって側へんする。頭部、特に吻周辺はゼラチン質でぶよぶよしている。糸状の腹鰭は長く胸鰭始部分を超える。下顎には歯がなく上顎にはある。下顎には歯がなく上顎にはある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区シャチブリ上目シャチブリ目シャチブリ科シャチブリ属
    外国名
    Pacific jellynose fish
    学名
    Ateleopus japonicus Bleeker, 1853
    漢字・学名由来
    漢字/鯱振
    由来・語源/神奈川県江ノ島での呼び名。鯱(しゃち)とは頭部が虎(トラ)で尾が魚という想像上の生き物。その鯱に似ているという意味。
    Bleeker
    Pieter Bleeker(ピーター・ブリーカー 1819-1878 オランダ)。医師、魚類学者。『東インドオランダ領の魚類図鑑』(Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises 1862-1878)。軍医としてバタビア(現インドネシアジャカルタ)に赴任。インド洋、西太平洋の魚を採取。
    地方名・市場名 [?]
    ウネクラゲ
    場所和歌山県田辺市 
    オバケ
    場所愛知県西尾市一色 
    ユウレイ
    場所高知県 
    生息域
    海水魚。水深150-500m。
    鹿島灘〜土佐湾の太平洋沿岸、鹿児島県薩摩半島東シナ海沿岸、新潟県、若狭湾、兵庫県余部沖、島根県隠岐・江津市敬川、山口県日本海沿岸、沖縄舟状海盆
    生態
    基本情報
    底曳き網などに混ざるもの。非常に水分が多く脆弱で鮮度落ちが早いので一般的に食用とはしない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない
    漁法/底曳き網
    産地/鹿児島県、静岡県、愛知県、三重県など
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗はなく、皮と身は一体化して区分できない。
    骨は柔らかく身は柔らかい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    汁(すまし汁)

    シャチブリの煮つけ 水洗いして鰓と食べたエサのみ取り去る。適当に切り、湯通しする。冷水に落としてぬめりを流す。これを酒・砂糖・しょうゆ味で煮つけていく。酒・しょうゆのみでも、酒・みりん・しょうゆなどで味つけしてもうまい。

    シャチブリの潮汁 鱗がないので水洗いして、適当に切る。肝や胃袋などもとっておく。これを湯通しして、冷水に落としてぬめりを流す。これを昆布だしで煮だして酒と塩で味つけする。意外にもうま味豊かなだしが出る。肝や胃袋なども美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「シャチブリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ