クラウンナイフフィッシュ(Clown Knife Fish, Clown featherback)

Scientific Name / Chitala ornata J.E.Gray.1831

代表的な呼び名ナギナタナマズ

クラウンナイフフィッシュの形態写真

体長1m前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区(オステオグロッスム亜区)アロワナ目ナギナタナマズ亜目ナギナタナマズ科Chitala属
    外国名
    Clown Knife Fish, Clown featherback
    学名
    Chitala ornata J.E.Gray.1831
    漢字・学名由来
    漢字 和名としては長刀鯰(ナギナタナマズ)
    由来・語源 その形から。
    地方名・市場名 [?]
    チタラ・オルナータ
    生息域
    淡水魚。タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム。メコン川、チャオプラヤ川、メークローン河流域。
    生態
    基本情報
    メコン川など東南アジアの淡水域に生息。
    重要な食用魚で養殖されてもいるようだ。
    クセのない白身魚。
    身が締まっていてフィレにもしやすい。
    揚げる、スープなどに使う。
    水産基本情報
    市場での評価 国内では鮮魚としては見ていない。主に冷凍フィレで輸入されているようだが、量的には少ない。
    漁法
    産地 ベトナム
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗は小さく気にならない。皮はしっかりして硬い。
    上質の白身で歩留まりがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 汁(スープ)、揚げる
    汁◆三枚に下ろしてたたき、だんご状にしてスープなどに入れることが多いという。
    揚げる◆唐揚げやフライなどにしてもいい。
    ※ブロンズフェザーバックと同じ
    すり身にして熱を通すと強い足(弾力)を持つ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/矢野さん(ベトナム)
  • 主食材として「クラウンナイフフィッシュ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ