カイカムリ

Scientific Name / Lauridromia dehaani (Rathbun, 1923)

カイカムリの形態写真

甲幅100ミリ前後になる。全身になめらかな短毛が生えていて、甲羅は隆起していて丸い。鉗脚(はさみ)の指の部分が赤い。高知市御畳瀬産。ヌノメアカガイを背負う。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目カイカムリ群カイカムリ上科カイカムリ科カイカムリ属
    外国名
    学名
    Lauridromia dehaani (Rathbun, 1923)
    漢字・学名由来
    漢字 貝被
    由来・語源 貝殻などを背負って身を隠して生活しているため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。函館、福井県山陰、長崎県、東京から鹿児島県佐多岬。チュチュ島、香港、ジャワ島、インド洋。
    水深62〜256メートル。
    生態
    貝殻やサンゴのかけらなどを背中に背負い、砂地などを横にではなく前後にはっている。
    基本情報
    食用ではない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    高知市御畳瀬漁港。高知市永野廣さんより
    同定と本種の情報/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
  • 主食材として「カイカムリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ