イイジマフクロウニ

Scientific Name / Asthenosoma ijimai Yoshiwara, 1897

イイジマフクロウニの形態写真

直径15センチ前後になる。殻は袋状、柔らかい。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    棘皮動物門ウニ綱真ウニ亜綱ホンウニ上目フクロウニ目フクロウニ科オーストンフクロウニ属
    外国名
    学名
    Asthenosoma ijimai Yoshiwara, 1897
    漢字・学名由来
    漢字 飯島袋海胆
    由来・語源 動物学者の飯島魁に献名したものだと思われる。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。相模湾〜九州。
    水深10〜25メートルに生息。
    生態
    基本情報
    棘に毒がある。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「イイジマフクロウニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ