アカモンガニ(Spotted reef crab, Clown crab)

Scientific Name / Carpilius maculatus (Linnaeus, 1758)

アカモンガニの形態写真

甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。
アカモンガニの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。甲長15cm前後になる。甲羅に11個の赤褐色の斑紋があり。中央部と目の後方の5個が大きい。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱(エビ亜綱)ホンエビ上目十脚目抱卵亜目短尾下目(カニ下目)アカモンガニ科アカモンガニ属

    外国名

    Spotted reef crab, Clown crab

    学名

    Carpilius maculatus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字/赤紋蟹
    由来・語源/甲羅に大きな赤い紋があるため。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。サンゴ礁。
    伊豆諸島、紀伊半島以南。
    インド洋、太平洋。

    生態

    基本情報

    主にサンゴ礁域にいる大型のカニだ。熱帯・亜熱帯では食用になっているが、ときにシガテラ毒を持つ個体があるので、産地での状況を鑑みて食べるべきである。
    シガテラ毒を持つ個体があるので、食べる食べないは地域での情報を聞いて決めるべきだ

    水産基本情報

    市場での評価/沖縄県など狭い地域でのみ流通。
    漁法/採取
    産地/沖縄県

    選び方

    原則的に生きているもの。

    味わい

    旬は不明。
    殻は非常に硬い。予め割っておかないと食べることができないくらいだ。
    筋肉は甲羅下と鉗脚にあり、細い脚の部分を食べるのは非常に煩わしい。
    シガテラ毒を持つ個体があるので、食べる食べないは地域での情報を聞いて決めるべきだ

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    アカモンガニの料理法・レシピ・食べ方/塩ゆで
    アカモンガニの塩ゆで(茹で上がり)

    アカモンガニの塩ゆで(茹で上がり)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「アカモンガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ