アオスジガンガゼ(long-spined sea urchin)

Scientific Name / Diadema savignyi (Audouin, 1829)

アオスジガンガゼの形態写真

直径6cm前後になる。棘が青みを帯びて黒くはない、著しく長い。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    棘皮動物門ウニ綱真ウニ亜綱ガンガゼ区ガンガゼ目ガンガゼ科ガンガゼ属
    外国名
    long-spined sea urchin
    学名
    Diadema savignyi (Audouin, 1829)
    漢字・学名由来
    漢字 青筋岩隠子(aosujigangaze)
    地方名・市場名 [?]
    ヒトウニ

    ミニウニ
    部位生殖巣 備考小さい生殖巣をミニウニ。 
    生息域
    海水生。房総半島以南。インド・西太平洋域。
    生態
    基本情報
    ガンガゼ類2種(アオスジガンガゼ、ガンガゼ)は温かい海域に普通にみられ。
    細くてもろいトゲがあり、刺さると筋肉に残るなど危険なため、どの地域でも嫌われ者のひとつ。
    これをむいて食用にしているのは鹿児島県のみだと思われる。
    うま味、香りはやや劣るももの美味。
    水産基本情報
    市場での評価 現在のところ鹿児島県のみで確認。やや高値。
    漁法 採取
    産地 鹿児島県
    選び方
    むき身のみ確認。色合いが鮮やかでくすんでいないもの。
    味わい
    旬は夏。
    ウニらしい風味はやや控えめながら、濃厚な甘みとうま味がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 生食
    生食◆そのまま食べて非常に美味。エゾバフンウニやキタムラサキウニよりもあっさりした味わい。
    非常に鮮度のいいもので粒立ちがいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    鹿児島県。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)
  • 主食材として「アオスジガンガゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ