巻き貝の身を抜く道具

意外に簡単に作れる


ギンタカハマ、ベニシリダカ、ウズイチモンジ、サラサバテイなど螺塔の高いものの軟体を抜くのはとても難しい。これを漁師さんたちは工夫して取り出している。

写真は長崎県雲仙市、佐藤厚さんに教わったもの。いろんな巻き貝に使えるものと思われる。
材料/ステンレス線(ここでは1.4mmだが、1.2mmでもいいだろう)
後は先を砥石などで尖らせて、この形に曲げる。ステンレス線は非常に硬く切れないので、道具は必要である。

巻き貝の螺旋に沿って差し入れる

殻口から巻き貝の巻きにそって差し入れる。殻口の天井近くから入れると取りやすくなる。

軟体に当たったら尖った先を刺し、少し反時計回りにこじる。ゆっくりと慌てないでやる。
[写真はギンタカハマで長い方を使う]


思った以上に簡単に出てくる

尖った先はザラザラしているので、意外に抜けにくい。ゆっくり巻きに合わせてくるくると抜く。

温かい内の方がやりやすい。
[写真はギンタカハマで長い方を使う]


ミクリガイの身を抜く

小型のミクリガイの身を抜く。大小作った中の小さいものを使った。もっと短くてもいい。


サザエの身を抜く

大きい方を使う。もっと曲げる角度が強いものがいいかも。

この道具は貝の大きさや形ごとに使ってもいい。


このコラムに関係する種

サザエのサムネイル写真サザエSpiny top-shell海水生。浅い岩礁域。
琉球列島・小笠原を除く北海道南部から九州。朝鮮半島、黄海。・・・・
サザエのページへ
ミヤコボラのサムネイル写真ミヤコボラ海水生。水深20メートルから100メートルの細かい砂地。
房総半島、[島根県益田]、山口県以南、瀬戸内海。熱帯西太平洋。・・・・
ミヤコボラのページへ
ミクリガイのサムネイル写真ミクリガイBonnet whelk海水生。本州から九州。朝鮮半島、中国大陸。
水深10メートル〜300メートルの砂泥地。・・・・
ミクリガイのページへ
ギンタカハマのサムネイル写真ギンタカハマTurban snail海水生。房総半島以南。
潮下帯上部の岩礁域。・・・・
ギンタカハマのページへ
ベニシリダカのサムネイル写真ベニシリダカ海水生。潮下帯上部、岩礁域。
紀伊半島以南。・・・・
ベニシリダカのページへ
コシダカギンタカハマのサムネイル写真コシダカギンタカハマ海水生。房総半島以南。
潮下帯上部。・・・・
コシダカギンタカハマのページへ
サラサバテイのサムネイル写真サラサバテイCommercial top shell海水生。潮下帯上部。
小笠原諸島、奄美大島以南。熱帯西太平洋。・・・・
サラサバテイのページへ

関連記事 ▽




呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる