ユウガオ

Scientific Name / Lagenaria siceraria var. hispida

ユウガオの形態写真

長楕円形、円形、瓢箪型などいろいろある。写真はナガユウガオ。

    • 物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界被子植物双子葉植物ウリ目ウリ科ユウガオ属

    外国名

    学名

    Lagenaria siceraria var. hispida

    漢字・学名由来

    漢字/夕顔
    由来・語源/『本朝食鑑』(人見必大 元禄10年1697)に〈この花は、午に凋み、暮に盛んになる。それで「夕顔」という〉。

    地方名・市場名

    生息域

    陸生植物(陸上植物)。栽培種。

    生態

    基本情報

    カンピョウの原材料としての丸いものと、野菜として栽培されている種がある。
    カンピョウの品種も野菜として食べることができる。
    ヒョウタンを無毒化したもの。
    干瓢(かんぴょう)の産地としては栃木県、茨城県

    水産基本情報

    選び方

    触って張りがあるもので表面にくぼみなどないみずみずしいもの。カンピョウは白く黄ばんでいないもの。

    味わい

    旬は夏。
    野菜としてのユウガオは夏野菜である。皮を剥き種を取ると総てが食べることができる。
    ほとんどが水分で煮るなどすると大量の水分が出てくる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    煮る(炒め煮、ゆでる)、汁(みそ汁)

    好んで食べる地域・名物料理


    ゆうがおの油炒ゆうがおの油炒め ユウガオの実を適宜に切り、油で炒めて水をだし、しょうゆ、砂糖などで味つけする。青じそを散らす。おなじ炒め煮は岡山県和気郡和気町でも教えてもらった。[山形県鶴岡市・尾花沢市、岡山県和気町]
    ゆうがおの刺身ゆうがおの刺身 ユウガオの皮を剥き、ゆでたものを冷やす。これを刺身状に切る。山形県尾花沢市ではからししょうゆで食べる。[山形県]
    ゆうがおのみそ汁 ユウガオの実を適宜に切りみそ汁にする。[山形県尾花沢市]

    加工品・名産品

    かんぴょう(カンピョウ) ユウガオの品種のなかでもマルユウガオを薄く削って干したもの。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『本朝食鑑』(人見必大 元禄10年1697)、『図説 江戸時代 食生活事典』(日本風俗史学会編 雄山閣 1996)
  • 主食材として「ユウガオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ