ヤツデヒトデ

Scientific Name / Coscinasterias acutispina (Stimpson, 1862)

ヤツデヒトデの形態写真

輻長7cm前後。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    棘皮動物門星形動物亜門ヒトデ綱マヒトデ目マヒトデ科ヤツデヒトデ属
    外国名
    学名
    Coscinasterias acutispina (Stimpson, 1862)
    漢字・学名由来
    漢字 八手人手、八手海星
    由来・語源 「手」の部分が8つに分かれているため。
    Stimpson
    William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。男鹿半島・房総半島以南。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『海辺の生きもの』(山渓フィールドブックス 奥谷喬司編著)
    公益財団法人水産無脊椎動物研究所
  • 主食材として「ヤツデヒトデ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ