ムチモ

Scientific Name / Mutimo cylindricus (Okamura) H. Kawai et Kitayama

ムチモの形態写真

三重県鳥羽市産。太さ5ミリ、長さ40センチ前後になる。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱ムチモ目ムチモ科ムチモ属
    外国名
    学名
    Mutimo cylindricus (Okamura) H. Kawai et Kitayama
    漢字・学名由来
    漢字 鞭藻
    由来・語源 鞭(むち)のような形状をした藻の意味。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。太平洋中部〜南部、瀬戸内海、九州。朝鮮半島。
    潮間帯下部、タイドプール。
    生態
    基本情報
    味のいい海藻だが、食用としての利用度、利用地域など不明。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷したものを見ていない。
    漁法 採取
    産地
    選び方
    藻体のしっかりしたもの。液が出ていないもの。
    味わい
    旬は冬から春。
    細長くゆでると軟らかくなる。
    クセはまったくない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 ゆで、汁(吸いもの、みそ汁)、雑炊
    ゆで◆ゆでると鮮やかな緑になる。歯触りがよく、ほどよくかみ切れて味がいい。
    汁◆歯触りのいい汁の具として良質である。ほんのり磯の香があり、うま味もある。
    雑炊◆雑炊に入れてもうまい。


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    山下栄造さん(やま栄渡船) 三重県鳥羽市浦村町1229-55 電話0599-32-6009
    http://yamaei.info
    岩尾豊紀さん(鳥羽市水産研究所
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)、『日本の海藻』(解説/田中次郎 写真/中村庸夫 平凡社)
  • 主食材として「ムチモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ