ボタンボウフウ

Scientific Name / Peucedanum japonicum

代表的な呼び名チョーミーグサ

ボタンボウフウの形態写真

高さ1m前後になる。

    • 物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界被子植物門双子葉植物綱セリ目セリ科カワラボウフウ属陸生植物

    外国名

    学名

    Peucedanum japonicum

    漢字・学名由来

    漢字/牡丹防風
    由来・語源/ボタンの葉に似た「ぼうふう(防風)」という意味。「防風」は風を防ぐという意味ではなく、風に負けないで育つという意味合いだろう。

    地方名・市場名

    生息域

    陸上植物。海岸砂地。

    生態

    基本情報

    海岸線の岩の間などで見られる。沖縄では薬味や刺身の妻に使われている。
    「魚汁」、「イカの墨汁」などに入れるといいし、「ヤギ汁」にはなくてはならないものだという。
    ほろ苦くて、後味が甘く、香りがいい。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『植物分類表』(大葉秀章編著 アボック社 2011)、『沖縄を楽しむ 海岸植物の本』(屋比久壮実著 アクアコーラル企画)
  • 主食材として「ボタンボウフウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ