ホソバノトサカモドキ

Scientific Name / Callophyllis japonica Okamura

ホソバノトサカモドキの形態写真

高さ20センチ以上になる。柔らかくリボン状で先端が枝分かれしている。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱スギノリ目ツサカノリ科トサカモドキ属
    外国名
    学名
    Callophyllis japonica Okamura
    漢字・学名由来
    漢字 細葉の鶏冠擬
    由来・語源 トサカモドキの仲間で藻体が細く華奢であるため。「鶏冠擬」はトサカノリに似て別種の意味。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    本州太平洋岸中・南部,四国,九州,朝鮮半島。
    低潮線から漸深帯の岩の上。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ホソバノトサカモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ