キクスズメ(kikusuzume)

Scientific Name / Sabia conica (Schumacher, 1817)

キクスズメの形態写真

大きさ2㎝前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    腹足綱前鰓亜綱盤足目スズメガイ超科スズメガイ科キクスズメ属
    外国名
    kikusuzume
    学名
    Sabia conica (Schumacher, 1817)
    漢字・学名由来
    漢字 菊雀
    由来・語源 目八譜より。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。潮間帯〜潮下帯の腹足目の貝殻の上に生息。
    北海道南部以南。インド〜西太平洋。
    生態
    基本情報
    アワビやトコブシの貝殻にくぼみを穿ち付着している。
    のせている貝には迷惑だが、国産のものにしか付着していないので、
    国産で天然ものという目印になる。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方

    トコブシの貝殻を穿つように付着している。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「キクスズメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ