エラコ(Polychaete worm)

Scientific Name / Pseudopotamilla occelata Moore, 1905

エラコの形態写真

開いた鰓冠の大きさ直径3cm前後、鰓冠以外の長さ10cm前後。管状の棲管に入っている。しばしば群生して管は癒着して束上になる。
エラコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
開いた鰓冠の大きさ直径3cm前後、鰓冠以外の長さ10cm前後。管状の棲管に入っている。しばしば群生して管は癒着して束上になる。開いた鰓冠の大きさ直径3cm前後、鰓冠以外の長さ10cm前後。管状の棲管に入っている。しばしば群生して管は癒着して束上になる。
    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    環形動物門多毛綱ケヤリムシ目ケヤリムシ科Pseudopotamilla属

    外国名

    Polychaete worm

    学名

    Pseudopotamilla occelata Moore, 1905

    漢字・学名由来

    漢字/鰓蚕 Erako
    由来・語源/不明。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯附近。しばしば群生。
    本州部以北。
    アメリカ西岸。

    生態

    基本情報

    三陸では養殖マボヤなどに着くやっかいもの。
    クロダイやアイナメ、カレイ釣りなどのエサとして利用されていて、ときに非常に高額で引されている。
    本種を食用としているという事実は我が家の資料では、白土三平の著書にしか見られない。三陸沿岸では端午の節句に神棚に供えてから酒の肴などにしたという。岩手県大槌町の佐々木隆治さんは食用としていること自体を知らないという。
    生で食べるとホヤ類に近いが、とてもおいしいとは言えない。塩ゆでして食べると、味が一変する。ただし見た目からして珍味のたぐいといえそう。食べられるかどうかは個人の問題だ。

    水産基本情報

    市場での評価/食用としては流通しない。釣り餌としての流通はしており、高価。
    漁法/採取(養殖マボヤなどにつく)
    産地/岩手県

    選び方

    管から出た鰓冠などが出たり引っ込んだりして、盛んに動くもの。以外に保ちはいい。

    味わい

    旬は不明。
    管は柔らかく、本体は押し出すと簡単に出る。軟体部分は比較的張りがあり、しっかりしている。
    煮るとやや締まるが柔らかい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    エラコの料理法・レシピ・食べ方/基本的に塩ゆでしてから料理する

    エラコの野菜炒め ゆでたものを使った。いろいろ料理した中では炒めるというのがいちばん味がよかった。豚肉などと同じようににんにくやしょうがで香りづけした油で炒めて、もやしやにらなど好みの野菜と炒める。仕上げにコショウを振る。エラコ自体に塩分があるので、塩は控えめに。

    エラコのきゅうりもみ(ざくざく) きゅうりには合うようだ。キュウリを刻み、塩をする。適度に塩分をもみながら抜く。この時点でゆでたエラコと和えて置く。馴染ませてから二杯酢を加える。濃い味に対してのキュウリがいいのだと思う。
    エラコのみそ汁 普通のみそ汁の具材として塩ゆでしたエラコを加えたもの。生で入れると少しだけ汁に苦みが出る。濃厚な味にみその風味で嫌みのない味になる。ゴボウなどが合うと思う。
    エラコのパスタ 塩ゆでしたエラコをニンニク風味のオリーブオイルで比較的低温でソテー。白ワインを加えてさらに火を通す。パスタのゆで汁を加えながら味見して、パスタを加える。アサリのボンゴレに似た味わいになる。
    エラコの塩ゆで 基本的にゆでてから使う。やや多めの塩を加えた湯で1時間近くゆでる。中途半端にゆでると柔らかすぎる。ゆでると生臭みも苦みもなく、意外にあっさりしていて食べやすい。問題は見た目だろう。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/大槌 たかのり海産(岩手県大槌町)
    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)
  • 主食材として「エラコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ