ウミゾウメン

Scientific Name / Nemalion vermiculars Suringar

ウミゾウメンの形態写真

太さ2mm、長さ30センチ前後になる。ヒモ状で枝分かれしない。触ると表面がぬるぬるしている。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱真性紅藻亜綱ウミゾウメン目ベニモヅク科ウミゾウメン属
    外国名
    学名
    Nemalion vermiculars Suringar
    漢字・学名由来
    漢字 海素麺、海索麺
    由来・語源 素麺(そうめん)のように細長いという意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。浅い岩礁域。
    中部・北部太平洋岸。瀬戸内海、九州、本州・北海道の日本海岸。
    生態
    基本情報
    晩春〜夏にかけて日本海沿岸でとれて、生もしくは塩漬けで出回る。乾物もあるがあまり見かける機会はない。
    表面がぬめっとして軟らかく、海藻らしい風味もある。吸物や酢のものなどにして食べると非常に美味。
    水産基本情報
    市場での評価 塩漬けで流通。やや高値。
    漁法 採取
    産地 福井県、石川県、新潟県
    選び方
    味わい
    晩春から夏にかけて入荷してくる。この時期最盛期を迎えるようだ。
    そのまま生で食べる。また湯に通すと青くなるが火を通しすぎるとネバリが出る。
    太くてぬるぬるするものが新しく美味しい。
    ゆでてもあまり色は変わらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 ゆでる、汁
    ゆでる◆軽くゆでて酢のものにする。これが本種の基本的な料理法。ぬるぬるとして独特の食感でほんのり甘みがある。
    汁◆みそ汁、吸いものに入れてもうまい。太くて食べででがあり、麺をすすっているようでもある。
    ウミゾウメンの酢のものウミゾウメンの酢のもの 鮮度のいいものは生でそのまま水洗いして、ポン酢や柑橘しょうゆなどで食べる。軽くゆでて食べてもおいしい。
    ウミゾウメンの吸ものウミゾウメンの吸もの カツオ節だしにしょうゆ、酒で味つけする。酒、塩で味つけしてもいい。ここに水洗いして適宜に切ったウミゾウメンを入れる。煮立ててはネバリがでてしまう。
    好んで食べる地域・名物料理
    夏祭りに食べる 石川県能登町では夏祭りのごちそうとして食べる。『能登の美味しい海藻 ダイジェスト』(珠洲の元気創造まつり実行委員会 のと海洋ふれあいセンター)
    加工品・名産品

    乾燥ウミゾウメン乾燥ウミゾウメン(乾物の状態) 表面が白いのは灰をまぶしているため。水でもどして塩でもみ灰をよく落とす。湯に通し、汁ものや酢のもの、サラダなどに使う。劣化が遅くてとても重宝する。
    乾燥海素麺乾燥ウミゾウメン(もどした状態) 表面のぬめりは弱くなっているが、ほんのりと磯の香りがして微かに甘味がある。ポン酢、加減酢、ドレッシングなどで食べるといい。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『能登の美味しい海藻 ダイジェスト』(珠洲の元気創造まつり実行委員会 のと海洋ふれあいセンター)、『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「ウミゾウメン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ