ウスヒラムシ

Scientific Name / Notoplana humilis (Stimpson, 1857)

ウスヒラムシの形態写真

体長30mm前後になる。体の前縁が丸く後端はやや細くなる。

    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    扁形動物門渦虫綱ヒラムシ目ヤワラヒラムシ科

    外国名

    学名

    Notoplana humilis (Stimpson, 1857)

    漢字・学名由来

    漢字 薄平虫
    Stimpson
    William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。
    国内の低潮線周辺に普通。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)
  • 主食材として「ウスヒラムシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ