ウストンボガイ

Scientific Name / Terebellum terebellum delicatum Kuroda & Kawamoto, 1956

ウストンボガイの形態写真

50mm SL前後になる。螺塔は低く小さい。殻表には黄褐色、黒褐色の小さな斑点が帯状に散らばる。
ウストンボガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
50mm SL前後になる。螺塔は低く小さい。殻表には黄褐色、黒褐色の小さな斑点が帯状に散らばる。50mm SL前後になる。螺塔は低く小さい。殻表には黄褐色、黒褐色の小さな斑点が帯状に散らばる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足目Stromboidea超科トンボガイ科トンボガイ属

    外国名

    学名

    Terebellum terebellum delicatum Kuroda & Kawamoto, 1956

    漢字・学名由来

    漢字/薄蜻蛉貝
    由来・語源/トンボガイに似て貝殻が薄いため。「蜻蛉貝」は『甲介群分品彙』より。
    Kuroda
    黒田徳米(くろだ とくべい Kuroda Tokubei 1886-1987 兵庫県淡路島)。貝類学者。日本貝類学会創設者で、会長にもなった。同郷の平瀬與一郎の平瀬商店に丁稚奉公にあがり、貝類の収集、のちに分類にたずさわる。
    kawamoto
    河本卓介(1900-1968 山口県出身)。貝類研究家。日本貝類学会の創設時よりの会員。カワシンジュガイを発見。献名されたカワモトギセル、
    甲介群分品彙
    武蔵石寿著。『目八譜』が出る前、1836年(天保7)。605種の貝を掲載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯〜水深20mまでの砂底。
    能登半島・房総半島以南。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/永野廣さん・昌枝さん(高知県高知市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ウストンボガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ