コウイカ科

Family Sepiidae Keferstein, 1866

コウイカ科について


イカには貝殻が萎縮してフィルム状になったツツイカの仲間と、まだしっかり甲状で残っているコウイカ類に分かれる。コウイカは日本各地に多種類いて、ほとんどが食用となっている。なかでももっとも一般的なのがコウイカ、そしてカミナリイカ、シリヤケイカ、南方にいるコブシメなのである。総て胴部分に厚みがあり、旨みが強く、刺身などにして美味。
食用として人気が高いので近縁のヨーロッパコウイカなどを大量に輸入している。
Genus Metasepia Hoyle, 1885
Species/Metasepia tullbergi (Appellöf, 1886)/ハナイカ
Genus Species/Sepia (Acanthosepion) lycidas Gray, 1849/カミナリイカ
Species/Sepia (Acanthosepion) pharaonis Ehrenberg, 1831/トラフコウイカなど。
Genus Species/Sepiella japonica Sasaki, 1929/シリヤケイカ

コウイカ科に属する仲間一覧

呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる