ヒョウモンコウイカ

ヒョウモンコウイカの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
23cm ML 前後になる。細長い楕円形で外套膜に紫褐色の楕円形の斑紋がある。
23cm ML 前後になる。細長い楕円形で外套膜に紫褐色の楕円形の斑紋がある。
23cm ML 前後になる。細長い楕円形で外套膜に紫褐色の楕円形の斑紋がある。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属Doratosepion亜属
外国名
学名
Sepia (Doratosepion) pardex Sasaki,1913
漢字・学名由来
漢字 豹紋甲烏賊 Hyoumonkouika
由来・語源 ヒョウのような斑文のあるコウイカ(甲のあるイカ)。
豹紋 ヒョウの斑紋を思わせる褐色の楕円形の斑紋が並ぶ。
Sasaki
佐々木望(ささき・まどか/明治16年〜昭和2年 1883年〜1927年)。広島県広島市生まれ、ハンガリー、ブダペストで客死。動物学者。軟体類とくに頭足類の分野で大きな業績を残す。多くの軟体類を記載。
地方名・市場名
ホタルイカ
場所長崎県長崎市長崎魚市場 

概要

生息域

海水生。
[鳥取県岩美町]、[島根県大田市・浜田市]、[長崎県長崎市]、本州中部太平洋側から東シナ海の陸棚域。

生態

基本情報

以西底曳き網(大正期に始められた漁。東シナ海、黄海の東経128度29分53秒以西で行われる底曳き網漁。長崎などを基地とする)などでときにまとまってとれる。
コウイカなどと比べるとやや劣るが上質なイカで、鮮魚としてより加工品や剥いた状態で出回る。

水産基本情報

市場での評価 関東にはほとんど来ない。主に産地周辺で消費される。安い。
漁法 底曳き網
産地 長崎県、島根県

選び方・食べ方・その他

選び方

触って張りのあるもの。退色して白いものは古い。

味わい

旬は不明。
大型で肉厚だがやや水分が多い。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ヒョウモンコウイカの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(天ぷら)、焼く(一夜干し)
ヒョウモンコウイカの刺身 水洗いして皮をていねいに剥く。水分をよく拭き取り、細かい切れ目をいれて刺身状に切る。やや水分が多く、イカらしいうま味が豊かだとは言えないものの、ほどほどにうまし。

ヒョウモンコウイカげそ煮つけ 水洗いしてげそのぬめりをていねいにもみ出す。水分をよくきり酒・醤油・砂糖・少量の水で短時間煮る。やや水分が多く、煮ると縮むものの美味。
ヒョウモンコウイカの天ぷら 水洗いして外套膜の皮をていねいに剥く。表面に切れ目をいれて水分をよくきる。小麦粉をまぶして衣をつけて高温で短時間で揚げる。高温で揚げることで表面はからりと中は柔らかくあがる。
ヒョウモンコウイカの一夜干 水洗いして外套膜の水分をていねいに拭き取る。塩水に15分前後つけて再び水分をよく切り、半日程度干す。強火で炙るように焼き上げるとイカらしい風味があってやや美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど