ハクテンコウイカ

ハクテンコウイカの生物写真

甲長20cm前後になる。鰭に沿って白い斑紋が並ぶ。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属Doratosepion亜属
外国名
学名
Sepia (Doratosepion) aureomaculata Okutani and Horikawa in Okutani,Tagawa and Horikawa,1987
漢字・学名由来
漢字 白点甲烏賊
由来・語源 エンペラに沿って白い斑紋が並んでいるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。駿河湾、熊野灘、紀伊水道、土佐湾、東シナ海。

生態

基本情報

深場の底曳き網などに混ざる。
やや大型のコウイカなので産地周辺では出回ることがある。

水産基本情報

市場での評価 単体で流通することはない。安い。
漁法 底曳き網
産地 静岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。白点がはっきりしているもの。

味わい

旬は秋から春。
水分が多く軟らかい。
生よりも煮たり焼いたりして美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる