コフジガイ

Scientific Name / Squillaconcha subsinuata (Lischke,1871)

コフジガイの形態写真

殻長1センチ前後になる。富士山を思わせ、よく膨らむ。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目ウロコガイ超チリハギガイ科チリハギガイ亜科コフジガイ属

    外国名

    学名

    Squillaconcha subsinuata (Lischke,1871)

    漢字・学名由来

    漢字 小富士貝
    由来・語源 瀧巌の命名。形が「富士山」を思わせて、非常に小型の貝であるため。模式標本/神奈川県城ヶ島西5キロ

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。東京湾〜九州、日本海西部。
    潮間帯中部から下部の蝦蛄の腹部に付着・共生。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「コフジガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ