カノコイセエビ

カノコイセエビの生物写真

体長40センチ前後になる。第1触角(細く長い2本の触角、先で二股に分かれるので4本に見える)に7つの白い帯がある(ストライプ)。腹部節中央部には白い斑点がある

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属
外国名
Longlegged Spiny Lobster
学名
Panulirus longipes (A.Milne Edwards,1868)
漢字・学名由来
漢字 鹿子伊勢蝦、鹿子伊勢海老。
由来・語源 鹿子模様(白い斑点)が腹部にも無数に散らばるため。
地方名・市場名
ゴミエビ
場所高知県高知市 
アカイビ
場所沖縄 

概要 ▽

生息域

海水生。
房総半島以南、小笠原、沖縄。アフリカ東岸からインド・西大平洋に広く棲息する。

生態

■ 浅い岩礁に棲む。
■ 孵化したものがフィロゾーマ幼生期(プランクトン)生活を送り、プエルルス幼生となって着底する。
■ 発音器を持っており、陸上にあげると「クク・クク」と音をたてる。

基本情報

イセエビ科総論
イセエビというのは現在ではイセエビ属22種とミナミイセエビ属7種の総称。
世界中の暖かい海にいるもので、非常に大型になる。
国内ではイセエビを代表としてカノコイセエビ、ニシキエビなど。
ニュージーランドや南アフリカ、東南アジアなどから多種類の近縁種が輸入されている。
エビの語源となったイセエビは食用としてだけではなく、冠婚葬祭や正月飾りにも使われる。
またえび茶色、歌舞伎役者の名前「海老蔵」など文化的にも重要となっている。
本種(カノコイセエビ)について
本州太平洋側に多いイセエビだが、カノコイセエビも同じく水揚げがある。
南に行くほどカノコイセエビの比率が高くなり、沖縄などではイセエビと言えば本種のこと。
見た目がイセエビに近く、値段的にも利用法もイセエビとあまり変わらない。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。イセエビ同様高い。
漁法 刺し網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。生きのいいもの。

味わい

旬は冬
イセエビと味わい的に大きく違わない。
殻が固く、身は締まっている。
殻などから濃厚なだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
みそ汁、刺身、煮る(ゆでる、煮つけ)、焼く、フライ
伝統料理 鬼がら焼き(つけ焼き)/具足煮(煮つけ)
大振りに切り、みそ汁にすると実に味がいい。手を汚しながら汁と身をほおばると野卑ではあるが、この大振りのエビを丸ごと楽しめる感がある。
具足焼き 半割にして、甘辛いしょうゆのタレを塗りながら焼き上げる。エビの風味と身の甘さが感じられ、実に美味しい。
具足煮 しょうゆ味で甘辛く煮上げて食べても味がいい。
刺身 剥き、筋肉を断つように切り、氷水にさらして水分をきる。生で食べると適度な食感と甘味が楽しめる。
フライ 古くエビフライはイセエビ類で作っていたという。贅沢ではあるが、味は絶品。
カノコイセエビの汁
大振りに切り、みそ汁にすると実に味がいい。手を汚しながら汁と身をほおばると野卑ではあるが、この大振りのエビを丸ごと楽しめる感がある。
具足煮 しょうゆ味で甘辛く煮上げて食べても味がいい。
カノコイセエビの刺身刺身 剥き、筋肉を断つように切り、氷水にさらして水分をきる。生で食べると適度な食感と甘味が楽しめる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

協力/永野昌枝・廣さん(土佐の廣丸 高知県高知市)、田中水産(鹿児島県鹿児島市)
『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる