ゴシキエビ

ゴシキエビの生物写真

体長30センチ以上になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属
外国名
Painted Spiny Lobster
学名
Panulirus versicolor (Latreille,1804)
漢字・学名由来
漢字 五色蝦、五色海老
由来・語源 イセエビと違って様々な色合いが見て取れるため。

五色蝦 〈伊勢蝦の中に五色なる物有甚希品なり鬚白く背ハ碧重……〉はゴシキエビではなくニシキエビではないかと思う。[日本山海名産図絵(1799)]
地方名・市場名
イノーエビ
場所沖縄本島、八重山 
アオエビ
場所宮古島 

概要 ▽

生息域

海水生。
鹿児島県種子島以南、琉球列島。インド・太平洋に広く分布。

生態

基本情報

国内には東南アジアなどからの輸入品が見られる。
国内での産地は沖縄県、奄美大島。
大型で豪華なので主にハレの日などに食べられている。

水産基本情報

市場での評価 沖縄などでは少ないながら普通に見ることができる。高価。
漁法 刺し網、潜水漁
産地 沖縄県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。持ってみて重く感じるもの。

味わい

旬は秋から冬
殻は固い。
身は熱を通すと強く締まり、やや硬い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
刺身、みそ汁、炒める、ゆでる
ゴシキエビの刺身
刺身 透明感のある身で氷水で洗うと非常に美しい。甘味があり、実に美味。
ゴシキエビのみそ汁
みそ汁 1㎏を超える大型エビなので、頭部や脚などを汁にする。みそとの相性が抜群にいいので、沖縄風に濃いめに作り、ご飯と合わせてもいい。
炒める 中華風に炒めてもうまい。短時間炒めて、味つけは塩味のみでも、ナンプラーや中国醤油などで味つけしてもいい。
茹でゴシキエビ
ゆでる 本種の味が端的にわかるが、大味に思える。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる