イセエビ

一般的に「イセエビ」と呼ばれる種についてのまとめページです。
標準和名「イセエビ」のページはコチラになります。

伊勢海老とは

 イセエビというのは現在ではイセエビ属22種とミナミイセエビ属7種の総称。世界中の暖かい海にいるもので、非常に大型になり、泳ぐのではなく這う。
 国内ではイセエビを代表としてカノコイセエビ、ゴシキエビ、ニシキエビなど。ニュージーランドや南アフリカ、東南アジアなどからミナミイセエビの仲間など多種類の近縁種が輸入されている。
 エビの語源となったイセエビは食用としてだけではなく、冠婚葬祭や正月飾りにも使われる。またえび茶色、歌舞伎役者の名前「海老蔵」など文化的にも重要となっている。

「イセエビ」と呼ばれるもの一覧

印は「イセエビ」ですがそれ以外はイセエビの仲間ではありません。

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる