202405/14掲載

ボクにはお宝以上、ゼロ円のみそ汁種

なんでもかんでもみそ汁にすればおいしいのだ

小魚

網代漁業、網代魚市場で分けていただいた水産生物たちは、ボクにとっては至極面白すぎる魚たちだ。
漁師さんにとっては迷惑な存在だが、料理好きならウッハウッハするものばかりでもある。
選別していると、大量のウルメイワシがかなり痛んだ状態で出て来た。そこにキビナゴとカタクチイワシ、小さなヒメジ、マアジもある。
半つぶれで、見た目は最悪だけど、別の見方をするとウマスギだしの素に見えてくる。
ものすごく昔のことにになるが、千葉県勝浦市青灯(墨名)で会った定年退職釣り師のオヤジサンから、小サバやトウゴロウイワシのみそ汁のおいしさを教わっている。下ごしらえした小サバ(マサバ)をビニールに入れて持ち帰り作ったみそ汁の味は最高だった。以後、小サバの猛攻大歓迎となる。
小魚をみたら、みそ汁だ、と思うようにもなった。
今回、この小魚にユウレイイカを足してみそ汁を作る。

差し昆布以外に技はなし


小魚は頭部と内臓を指でつまみ取る。
ユウレイイカは内臓を取り去る。
流水でさっと洗って、水を張った鍋に差し昆布(昆布の切れっ端)とともに放り込む。
火をつけて出て来たあくをすくいながら、うま味をじっくりと引き出す。
ここにみそを溶き、火を止める。
後は刻んだネギを散らすだけだ。

コーヒーを飲むようにみそ汁を食べる


まあ、ただのようなみそ汁だけど、これに優るみそ汁はないと思う。
魚料理の頂点はみそ汁だけど、この背の青い小魚のみそ汁は突出してうまい。
意外なことにほぼ水分であるはずのユウレイイカから、イカらしい風味が醸し出されている。
小魚なので中骨まで柔らかく、骨を気にしないで食べられるのもうれしい。
生きていくためには様々な雑事や、やりたくない仕事をもこなしていくしかない。そんなただれた脳みそが、うま味豊かなだしで洗浄されるかのごとしだ。
コーヒータイムのようにみそ汁タイムを設けるといい。
もちろんこれだけでご飯のおかずになる。
ちなみに伊豆半島の定置網をはじめ、日本各地の定置網で昔は漁の後、朝ご飯を作って食べていたという。
たぶんその中心に置かれたのが、このような様々な小魚を使ったみそ汁だったはず。
今ではそんな悠長なことをしている定置網も少ないと思うが、復活してはいかがだろう。
定置網そのものを食べているような、といった汁は魅力的である。
林さんをはじめ、網代漁業のみなさんに感謝。

このコラムに関係する種

ウルメイワシのサムネイル写真
ウルメイワシRound herring, Japanese sardine海水魚。北海道南部〜九州南岸の沿岸、東シナ海。希にピーター大帝湾、朝鮮半島南岸・済州島、台湾、中国東シナ海・南シナ海・・・・
詳細ページへ
カタクチイワシのサムネイル写真
カタクチイワシJapanese anchovy, Half mouth sardine海水魚。沿岸域の表層付近で大きな群れを作り、ときに沖合でも見られる。北海道〜九州南岸の太平洋・日本海・東シナ海沿岸、瀬・・・・
詳細ページへ
ヒメジのサムネイル写真
ヒメジJapanese goatfish, 台湾/日本緋鯉海水魚。水深35-160mの砂地。北海道〜九州南岸の大平洋沿岸、北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、東シ・・・・
詳細ページへ
マアジのサムネイル写真
マアジJapanese horse-mackerel, Japanese jack mackerel海水魚。大陸棚を含む沖合〜沿岸の中・下層。北海道全沿岸〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、種子・・・・
詳細ページへ
ユウレイイカのサムネイル写真
ユウレイイカChiroteuthid squid海水生。相模湾、駿河湾、西南日本。南シナ海・インドネシア、オーストラリア北部。・・・・
詳細ページへ

関連記事 ▽




呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる