フエフキダイ属

スズキ目(Perciformes)について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目
 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

フエフキダイ科(Lethrinidae)について

沖縄本部村に揚がったタマン(ハマフエフキ)。
 西アフリカ沿岸〜インド洋・西太平洋に広く分布。熱帯域から温帯域にかけて40種ほどの種がいる。その多くが食用種で、特に熱帯域では主要なものとなっている。
 国内でも漁獲量が増えているように思える。古くは南日本に多かったものが北上傾向にある。
Gnathodentex Bleeker, 1873/ノコギリダイ属
Gymnocranius Klunzinger, 1870/メイチダイ属
Lethrinus Cuvier, 1829/フエフキダイ属
Monotaxis/ヨコシマクロダイ属
Wattsia Chan & Chilvers, 1974/コケノコギリ属

フエフキダイ属について

沖縄県で水揚げされたタマン 国内の比較的温かい海域から亜熱帯・熱帯域までの浅場に見られる。
 国内では九州南部、沖縄県などでは重要な食用種が多い。

フエフキダイ属に属する仲間一覧


通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる