ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

モスソガイ

学名:Volutharpa ampullacea perryi

モスソガイの形態写真

殻長5センチ前後になる。貝殻は非常に薄く、ビロード上の殻皮をかぶっている。軟体の足は非常に大きく、貝殻に収まらない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科Volutharpa属
    外国名
    学名
    Volutharpa ampullacea perryi
    漢字・由来
    漢字 裳裾貝。
    由来・語源 大きすぎる軟体が裾を引きずっているように見える
    地方名・市場名
    アワビツブ、ベロツブ、オデンツブ、メラツブ、ナンコウツブ、ナンコツブ。
    生息域
    海水生。瀬戸内海以北、北海道まで。
    水深10メートル前後の砂泥地。
    生態
    基本情報
    主な産地は東北や北海道。
    産地ではおでんなどの具材として人気がある。
    しかし他の地方ではほとんど知られていないもの。
    水産基本情報
    選び方
    原則的に生きているもの。身(足)に張りがあり、粘液などが出ていないもの。
    味わい
    旬は不明
    生では食べない。
    煮ても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    おでん、煮つけ、酒蒸し
    モスソガイのおでん
    おでん おでんに入れるのがいちばん。
    貝自体に旨みは少なく、だしの味で食べるもの。
    作り方は簡単。
    一度ゆでこぼして、ヌルをとり、あとはじっくり煮るだけ。
    他には煮つけ、酒蒸し。
    好んで食べる地域・名物料理
    青森県では基本的なおでん種のひとつ。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■黒船騒動のペリー提督が採取して持ち帰り、種を登録したので別名「ぺるりつぶ(ペルリツブ)」ともいう。
    ■青森の駅前市場が今のように整備される前。ほの暗い裸電球に殻つきのままに串刺しにされたものが、どの店にも必ず置かれていた。青森県ではゆでたものを串に刺し、おでん用に売っている。
    青森駅前市場でのモスソガイ青森市の駅前市場でのモスソガイ。ゆでて串に刺されて市場に並ぶ。店の人が言うにはおでんにいれて最高だという。
    確かにゆでこぼしてヌルをとり、おでんに入れて長時間煮ても硬くならず、出しを吸いうまくなる。また逆にいうと旨味のない巻き貝でもある。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「モスソガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ