ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツバイ(Tsubai whelk)

学名:Buccinum tsubai Kuroda in Teramachi,1933

ツバイの形態写真

殻長6センチ前後になる。貝殻は白く、薄い殻皮をかぶる。殻長が極端に小さい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属
    外国名
    Tsubai whelk
    学名
    Buccinum tsubai Kuroda in Teramachi,1933
    漢字・由来
    漢字 津蛽、津貝(tsubai)
    由来・語源 方言を採用。模式産地は富山湾。
    地方名・市場名
    クロバイ(黒バイ)/島根県、山口県
    コバイ(小ばい、小梅)/富山県高岡市
    シロバイ(白バイ)/関東の市場
    イリガシバイ、ウミツブ、ケツグロ、コバイ、ショウバイ、シリグロ、ダゴバイ、タニシバイ、タニシミナ、タノシ、タラバガイ、チバイ、シンコバイ、バイ、バイガイ、マッチョモ、ヨナキガイ。
    生息域
    海水生。水深200〜300メートル。
    日本海。島根県〜北海道で水揚げされている。
    生態
    右触覚広報に陰茎を持ち、交尾する。
    雌は囊に入った卵を産み、幼貝となって出てくる。
    基本情報
    日本海を代表する小型の巻き貝。
    形態的な変化が多いのが特徴。
    エッチュウバイほど大きくならないので、関東での認知度は低いが、日本海沿いの町ではもっとも普通に見かけるもの。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量はあまり多くない。貝殻がもろく黒いものがあるのでエチュウバイの小型と比べると安い。
    漁法 カゴ漁
    産地 北海道、新潟県、石川県、富山県、福井県、兵庫県、京都府、鳥取県、島根県
    選び方
    原則的に生きているもの。粘液などが流れ出していないもの。
    味わい
    旬は秋から春
    貝殻は薄く、殻頂部がつぶれていることが多い。
    泥などを噛んでいることもあるが、洗い流すのはたやすい。
    薄いクリーム色の身で、殻高がないので取り出しやすい。ワタの味はくせもなく絶品。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る(塩ゆで、酒蒸し、しょうゆ煮)
    ツバイの塩ゆで
    塩ゆで よく流水で洗い、水から塩ゆでにしたもの。もっとも基本的な食べ方だ。
    ツバイの煮つけ
    煮つけ しょうゆと酒、水で煮たもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    日本海沿いの町々。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ツバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ