ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミクリガイ(Bonnet whelk)

学名:Siphonalia cassidariaeformis (Reeve,1843)

ミクリガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長4センチ前後になる。貝殻は厚く、螺肋ははっきりしている。縞のあるもの、ないもの、螺肋の非常に強いものなど多彩。画像は鹿児島県東市来町。高知県高知市のもの。鹿児島県東市来町。

ミクリガイの形態写真

殻長4センチ前後になる。貝殻は厚く、螺肋ははっきりしている。縞のあるもの、ないもの、螺肋の非常に強いものなど多彩。画像は鹿児島県東市来町。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アッキガイ超科エゾバイ科ミクリガイ亜科ミクリガイ属
    外国名
    Bonnet whelk
    学名
    Siphonalia cassidariaeformis (Reeve,1843)
    漢字・由来
    漢字 三繰貝
    由来・語源 『六百介品』より。
    地方名・市場名
    別名、ヤナギイト。
    ゴミナ/鹿児島県東市来町蓬莱館
    ヨダレガイ(涎貝)/愛知県三河地方、高知県
    ヨダレミナ/鹿児島県東市来町蓬莱館
    ニシ/三重県熊野市
    アマミナ、チンコベ、チンコベイ、ニシ、ニシミナ、ミクリ、ヤナギノイト、ユダイクイビナ、ユダイベ、ユダレベ、ヨダレクリ、ヨダレビナ。
    生息域
    海水生。本州から九州。朝鮮半島、中国大陸。
    水深10メートル〜300メートルの砂泥地。
    生態
    基本情報
    ミクリガイ類総論
    ミクリガイの仲間はバイカゴ漁などで混獲されるもの。
    やや沖合の砂泥地にいて、ミクリガイ、シマミクリガイ、ミオツクシなどが食用となる。
    あまり大量にとれないもので、ローカルな存在でしかない。
    ただし味がいいことは地域地域で知られており、郷土色豊かなものとなっている。
    注意/料理画像はシマミクリのものを利用。
    本種(ミクリガイ)について
    ミクリガイはバイカゴ漁などで混獲されるもの。
    三河湾や土佐湾などでときにまとまってとれる。
    比較的ローカルな存在で都市部ではまったく見かけないもの。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などにはほとんど入荷しない。安い。
    漁法 底曳き網、カゴ漁
    産地 愛知県、高知県など
    選び方
    原則的に生きているもの。粘液が透明で貝殻の表面につやのあるもの。
    味わい
    旬は春
    大量の粘液を出すが、これに臭みなどはない。
    身はほどよく柔らかく甘みが強い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る、酒蒸し
    ミクリガイの塩ゆで
    煮る
    一般に煮て食べる。
    これはミクリガイの仲間では共通。
    他には酒蒸しにしてもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/高知市 永野廣さん、昌枝さん、長野淳さん(三重県熊野市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「ミクリガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ