ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナガバイ

学名:Beringius (Neoberingius) polynematicus (Pilsbry,1907)

ナガバイの形態写真

殻長(貝殻の高さ)20センチ前後になる。貝殻は高い。表面に茶褐色の殻皮(薄い膜)をかぶり、貝殻は石膏質を感じる白。螺肋(貝殻にある筋)は体層(貝殻のいちばん下の足が入っている部分)下部に筋状に見える。体層上部から上には螺肋は少なく、目立たない。少なく目立たない。成長脈(縦に走る筋)はほとんどない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目アクキガイ超科エゾバイ科ワダチナガバイ亜科ナガバイ属
    外国名
    学名
    Beringius (Neoberingius) polynematicus (Pilsbry,1907)
    漢字・由来
    漢字 長貝、長蛽
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。やや細長いため。
    模式産地/宮城県気仙沼
    地方名・市場名
    福島県相馬市原釜でマキバイ(巻ばい)。
    生息域
    海水生。銚子以北の太平洋、オホーツク海。
    水深300〜400メートルの泥地。
    生態
    基本情報
    銚子以南の太平洋側の底曳き網などで揚がるもの。
    専門とする漁はない。
    巻き貝のなかでは比較的安い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 千葉県、福島県、宮城県
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻は硬くて重い。
    食べるのは主に足で生食できる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、煮る(酒蒸し、煮つけ、ゆで)
    刺身◆ワタもつかえ、テトラミンは持っていない。刺身は食感はほどほど、あまりうま味が強いとは言えない。ほどほどに美味。
    煮る◆比較的しっかり煮て美味。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『学研生物図鑑 貝氈@巻き貝』(波部忠重 奥谷喬司)、「北の貝の仲間たち」(樋口滋雄)、「日本近海産貝類図鑑」(東海大学出版会)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ナガバイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ