ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シマミクリ

学名:Siphonalia signa cassidariaeformis (Reeve,1843)

シマミクリの形態写真

殻高4センチ前後になる。貝殻が厚く、螺塔(貝殻の先の部分)は小さく体層はよくふくらむ。貝殻に螺肋(筋模様)がほとんどなく、白、もしくは黄色の明瞭な帯がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アッキガイ超科エゾバイ科ミクリガイ亜科ミクリガイ属
    外国名
    学名
    Siphonalia signa cassidariaeformis (Reeve,1843)
    漢字・由来
    漢字 縞三繰貝、縞実栗
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。ミクリガイの仲間で縞が目立つもの。
    地方名・市場名
    高知県ではミクリガイとともにヨダレガイ(涎貝)という。
    鹿児島県ではガラ、ガラミナ、チンコベ、ヨダレビナ。
    生息域
    海水生。本州から九州まで。
    水深10メートルの砂地。
    生態
    基本情報
    産地などで限定的に利用されているもの。
    ただし味のよい巻き貝で各地で珍重されている。
    水産基本情報
    浅い場所の底引き網にまとまって入る。ただし流通量は少ない。
    選び方
    味わい
    旬は春
    煮貝にしてみる、粘液が多くて生臭いのではと心配するが、クセはまったくない。身もワタもクセがなく、食べやすい。またそこはかと甘味があってなかなかうまい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮貝、酒蒸し
    シマミクリガイの煮つけ
    煮貝 醤油味で煮るのは定番料理。非常に旨みがあり、食感も楽しめてうまい。ワタにもクセがなくおいしい。
    酒蒸しも同様。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「シマミクリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ