新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
特徴/エゾボラ類ではもっとも小さいもの。色合いは多彩。真っ黒なものから白いもの、また焦げ茶、黒緑など。貝殻は厚い。螺肋(貝殻にある筋)は目立たない。螺肋と成長脈(縦に走る筋)の交わる部分がコブ状になるものがある
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾバイ属
ヒメエゾボラ
Neptunea arthritica
他のエゾバイの仲間へはここから!
物知り度/★★★
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場にも大量に入荷する。値段も安い
生息域◆茨城県、日本海以北に棲息。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)8センチ前後になる
漢字◆「姫蝦夷法螺」。
標準和名由来◆エゾボラ属では小さな種の意
呼び名・方言◆市場では「青つぶ」
食べ方◆ 焼きつぶ/刺身
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 
関東にも、東北などから入荷して量も多い。「いそつぶ」とか「あおつぶ」と呼ばれている。この「青つぶ」という呼び名は築地などでも定着してきている。
 北海道で名物とされている「焼きつぶ」の材料は本種である。
◆食べてみる◆
 味にいい巻貝で刺身に煮物に焼き物にといろいろ使える。その上、「まつぶ」と比べて安いのもうれしい。刺身はエゾボラより粘液が多いように感じるが味は遜色ない。また殻のまま茹でて取り出し、唾液腺(テトラミン)を除いてから殻に戻す。これを殻のまま焼いてしょうゆを垂らすのが「焼きつぶ」である。しょうゆの焦げた匂いは正に食欲をそそる。
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
「焼きつぶ」の作り方
1 殻ごと茹でる。
2 殻から身をとりだし、唾液腺を外す。
3 ワタも身も元通りに貝殻にもどして焼く。このときフタはそのままで。また適当に切って入れてもいい。
4 ある程度、焼けてきたら醤油と味醂を合わせたものを入れ、沸騰してきたら出来上がり。