づけ飯・サバの茶漬・ごまさば

福岡県北部のサバを使ったづけ飯


魚を刺身状に切り、ゴマ醤油に漬け込む。醤油だけに漬け込むのは関東でも見られるがゴマを使うのは九州ならではだと思う。特に福岡県では日常的に食べられているようだ。マアジ、カマス(アカカマス)、サバ(マサバ)など。例えば朝漬け込んで夕食に食べるとか、夜漬け込んで朝ご飯に食べるとか。
福岡県でも博多地区での呼び名が「ごまさば」だった可能性がある。もしくはもともと「茶漬」と呼ばれていて、材料がサバのとき通りがいいので「ごまさば」という言語が生まれた可能性もある。
づけとしてそのまま食べてもいいし、ご飯にのせて食べてもうまい。茶をかけるから「茶漬」と呼ばれるなら、基本形は茶をかけるものなのかも。

ゴマをするところから

すり鉢で煎りごまを半殺し程度にする。
ここに醤油、少量のみりん・酒などを入れながらする。
みりんや酒は九州の甘い醤油なら不要かも知れない。
実際、宗像市の方は、醤油だけで酒もみりんも加えないという。


熱いお茶をかける

そのまま酒の肴にしてもいいが、基本的にご飯のおかずだ。
ただ単にのせて食べてもいいが、熱いお茶をかけるのが基本。
無意識のうちにかき込み、食べ過ぎてしまう、そんな味だ。


このコラムに関係する種

ゴマサバのサムネイル写真

海水魚。沿岸表層で群れを作る。
北海道南部〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の大平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、東シナ海。
朝鮮半島南岸、済州島、中国東シナ海沿岸、台湾、フィリピン諸島、ニューギニア島、北西・北東岸をのぞくオース・・・・
ゴマサバのページへ

マサバのサムネイル写真

海水魚。日本列島近海。水深2メートル前後の浅場から水深100メートル以深まで。
北海道オホーツク海沿岸〜九州南岸の日本海・東シナ海。北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、東シナ海。
朝鮮半島全沿岸、中国東シナ海・台湾海峡、台湾、フ・・・・
マサバのページへ


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる