ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

フエダイ(英名/Blue-spotted sea perch)

学名:Lutjanus stellatus Akazaki,1983

フエダイの形態写真

体長50センチ前後になる。全体に赤褐色で鯛形。鰭は黄色い。体側中央よりもやや後方上部に白い斑点がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
    外国名
    英名/Blue-spotted sea perch
    学名
    Lutjanus stellatus Akazaki,1983
    漢字・由来
    漢字 笛鯛
    由来・語源 不明。頭部の形が口笛を吹いているかのようであるから?
    命名、記載などの詳細の情報としては、
    宮崎大学に模式標本がある。赤崎正人博士が和名をつけた。
    地方名・市場名
    徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』でクチビ。
    徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』でイセギ。
    宮崎県でシブダイ。
    鹿児島県でシブダイ、スビ、キースビ、ヤマモチ(山持ち)。
    沖縄本島でイクナー、アカンチャ、イナフクー。
    生息域
    海水魚。岩礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、鹿島灘〜九州南岸の太平洋沿岸、播磨灘、周防灘、五島列島、屋久島、琉球列島。台湾。
    生態
    産卵期は春〜夏。
    肉食性。
    基本情報
    日本でも亜熱帯域、熱帯域に多い魚。
    本州などでは珍しい。
    非常に味のいい魚で九州南部、沖縄などでは高級魚。
    鹿児島県、宮崎県では初夏の風物詩的なものとも言えそう。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはほとんど入荷をみない。産地では高級魚。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県、宮﨑県、東京都小笠原
    選び方
    目が澄んでいるもの。退色していないもの(体色の濃いもの)。
    味わい
    旬は春から夏
    鱗が硬く取りにくい。皮は厚くしっかりして、焼霜にしても気になる。
    骨も硬い。
    身は透明感があり、血合いが非常に美しい。透明感は長続きする。脂は皮下に層を作る。
    クセのないいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、みそ汁、煮つけ、ポワレ
    フエダイの刺身フエダイの刺身
    血合いが美しく、ほどよく繊維質でしっとりとなめらかでうま味が強い。脂は甘い。
    フエダイのみそ汁フエダイのみそ汁
    「魚汁(みそ汁)」は絶品。アラからでた出しとみそが合わさると最強の味わい。おかずになる。
    フエダイの煮つけフエダイの煮つけ
    頭部などに鱗が残りやすいのが難点だが、鱗下の皮の味がよく、身はほどよく繊維質で身離れがいい。
    フエダイのポワレフエダイのポワレ
    皮目をソテーするとかりっと香ばしく、身は熱を通しても縮まない。ほどよい甘みがあり絶品。
    好んで食べる地域・名物料理
    鹿児島県、宮崎県では夏の魚の代表的なもの。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(丸に万/まん○や) 鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『九州発 食べる地魚図鑑』(大富潤 南方新社 2011)
  • 主食材として「フエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ