ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ゴマフエダイ(Mangrove red snapper)

Scientific Name / Lutjanus argentimaculatus (Forsskål, 1775)

ゴマフエダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
80cm前後になる。赤銅色で鱗に黒褐色の斑文がある。背鰭にも鱗がある。写真は体長75cm、石垣島水深200m。80cm前後になる。赤銅色で鱗に黒褐色の斑文がある。背鰭にも鱗がある。写真は体長50cm、長崎県五島列島。

ゴマフエダイの形態写真

80cm前後になる。赤銅色で鱗に黒褐色の斑文がある。背鰭にも鱗がある。写真は体長75cm、石垣島水深200m。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
    外国名
    Mangrove red snapper
    学名
    Lutjanus argentimaculatus (Forsskål, 1775)
    漢字・由来
    漢字 胡麻笛鯛
    由来・語源 鱗(うろこ)上に黒い斑紋(胡麻模様)があるため?
    地方名・市場名
    カーシビ/沖縄県石垣島(うみんちゅう)
    シマヒク/鹿児島県屋久島町安房(20170610)
    カースビ(沖縄)、アカシビ(宮崎)。
    中国名「紫紅笛鯛」
    生息域
    淡水・汽水、海水域。南日本。インド、西太平洋。
    生態
    基本情報
    主に西南諸島から沖縄などで食用とされている魚。
    九州以北でとれることは希だと思われる。
    大型のフエダイで白身として味がいいので、やや高価に取引されている。
    過去にシガテラ毒をもっていたことがあるので要注意
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄などでは高級魚。ただし入荷量は少ない。
    漁法 釣り
    産地 沖縄、鹿児島、大分、長崎
    選び方
    体色の赤味の強いもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は春〜夏?
    鱗は柔らかく大きい。皮は厚みがありしっかりしている。骨はやや硬い。
    白身で血合いが赤く美しい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食(刺身、カルパッチョ)、蒸す(酒蒸し)、煮つけ、ソテー(バター焼き、ポワレ)、塩焼き、揚げる(唐揚げ)
    ゴマフエダイの刺身生食
    刺身は血合いの色が美しく絶品。わさびとしょうゆだけではなく、ポン酢などで食べてもうまい。カルパッチョやセビチェもいい。
    ゴマフエダイの蒸しもの蒸す
    昆布を敷いて、兜などを蒸し上げると豪華な逸品となる。皮が甘くてうま味が強い。身はほどよく繊維質で口の中で適度にほぐれる。
    ゴマフエダイの煮つけ煮つけ
    頭部だけではなく切り身にして煮つけても味がいい。しょうゆなど調味料に負けない味わいを持っている。
    ゴマフエダイのソテーソテー
    皮に厚みがあり、適度にゼラチン質を含むのでポワレにして味がいい。
    ゴマフエダイの塩焼き塩焼き
    焼いても縮まない、適度な硬さであるのが魅力。食べていて豊潤さを感じる。
    ゴマフエダイの唐揚げ唐揚げ
    皮やあらを唐揚げにしても実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/小林洋船長(大洋丸 DEPTHSデプス/石垣市)、川東守昭さん・繭右さん(鹿児島県屋久島町)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ゴマフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ