ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キンメヒメダイ(Golden eye jobfish)

学名:Pristipomoides flavipinnis Shinohara, 1963

キンメヒメダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長50cm前後になる。紡錘形に近くてやや側へんする。鮮度のいい内には黄色(黄金色)をしている。頭部には黄色い虫食い状の斑紋がある。頭部には黄色い虫食い状の斑紋がある。

キンメヒメダイの形態写真

体長50cm前後になる。紡錘形に近くてやや側へんする。鮮度のいい内には黄色(黄金色)をしている。頭部には黄色い虫食い状の斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属
    外国名
    Golden eye jobfish
    学名
    Pristipomoides flavipinnis Shinohara, 1963
    漢字・由来
    漢字 金目姫鯛
    由来・語源 ヒメダイ属で目が金色であるから。
    地方名・市場名
    クロマツ(黒松)/鹿児島県鹿児島市
    生息域
    海水魚。主に水深100mよりも深場。
    小笠原、琉球列島。
    東インド・西太平洋。
    生態
    基本情報
    九州離島から沖縄県で水揚げされる魚だが量的には非常に少ない。
    東京都小笠原でもとれるが九州、沖縄よりも少ないと思われる。
    沖縄などでの「マチ類」にあたり非常においしいので高値で取引されている。
    水産基本情報
    市場での評価/主に沖縄県、鹿児島県で水揚げされる。マチ類のなかでも水揚げは少ない。
    漁法/釣り
    産地/沖縄県、鹿児島県
    選び方
    黄色の色合いの強いもの。退色していないもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗はやや硬いが取りやすい。厚みのある皮で強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが赤い。熱を通しても硬く締まりすぎない。
    料理の方向性
    クセのない上質の白身で皮にもうま味と香りがある。焼く、煮る、生食、ソテーなど料理法を選ばない優れた食材である。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、霜皮造り、セビチェ、カルパッチョ)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き)、ソテー(ポワレ、バター焼き)、揚げる(フライ、唐揚げ)
    キンメヒメダイの刺身刺身 重さ0.8kgなので本種としては最大級に近いサイズの刺身。三枚に下ろして血合い骨を抜き、やや薄めに切りつけた。血合いが赤く、透明感のあるきめ細やかな身でとても味のいい刺身になる。
    キンメヒメダイの皮霜造り皮霜造り 三枚に下ろして皮目に湯をかけて冷水に取る。あら熱をとったら水分をよく切り、冷蔵庫などで落ち着かせて切りつける。皮と皮下にうま味があり、食感も心地よい。単に刺身にするのと別種の美味しさがある。
    キンメヒメダイの煮つけ煮つけ 皮に厚みがあり、骨や頭部などからうま味豊かなだしが出る。熱を通しても硬く締まらない上質の白身であることも煮つけにして生きてくる。身離れがよく食べて淡泊なのでついつい箸が伸びる、そんな味である。
    キンメヒメダイのみそ汁みそ汁 あらを湯通しして氷水などに取り、水分をよくきる。これを水で煮だしてみそを溶くだけ。それだけでとてもうま味豊かな汁になる。みそとの相性もいい。汁としてもいいが、ごはんのおかずにもなる。
    キンメヒメダイの塩焼き塩焼き 皮に厚みがあり、適度に繊維である白身ということで、焼いてまずい理由がない。ここでは単に振り塩して1時間以上置き、じっくりと焼き上げていく。まずは皮周辺のうまさに驚く。皮に甘味と香りがあるのだ。身はしっとりと豊潤であるのも魅力的だ。残った中骨に熱湯をかけて作る汁もうまい。
    キンメヒメダイのポワレポワレ 三枚に下ろして血合い骨、腹骨を取る。塩コショウして皮目からじっくりとソテーする。油はオリーブオイルやグレープシードオイルなどお好みで。皮がこんがりと仕上がったら返して軽くソテーして一度取り出す。フライパンにベルエシャロットのせん切りを入れて軽く炒め、白ワインでデグラッセし、ライムを絞る。
    キンメヒメダイのフライフライ 三枚に下ろして皮を引き、塩コショウする。少し寝かせて小麦粉をまぶし、卵黄にくぐらせてパン粉をまぶしてかりっと揚げる。揚げても中はしっとりと豊潤で甘味がある。非常に美味だ。
    キンメヒメダイの唐揚げ唐揚げ 胸鰭の周辺や頭部、腹骨などの部分に片栗粉をまぶして、じっくりと二度揚げにしたもの。皮目がかりっと香ばしく、揚げて締まった身に甘みがあり。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「キンメヒメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ