ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マダラタルミ(Black and white snapper)

学名:Macolor niger (Forsskål, 1775)

マダラタルミの形態写真

体長60cm前後になる。背鰭後部に鱗がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科マダラタルミ属
    外国名
    Black and white snapper
    学名
    Macolor niger (Forsskål, 1775)
    漢字・由来
    漢字 斑樽見
    由来・語源 ほおに筋状の模様がある「たるみ」の意味。「たるみ」は和歌山県などでのフエダイ科魚類の総称。
    地方名・市場名
    沖縄本島でイナフクー、宮古でタカジョウ、八重山でシッパヤー、イヌバー。
    生息域
    海水魚。サンゴ礁、岩礁域。
    八丈島、小笠原諸島、火山列島、和歌山県串本、屋久島、琉球列島、南大東島、高知県柏島(幼魚)。台湾、南シナ海、インド〜西太平洋、ミクロネシア、サモア諸島。
    生態
    基本情報
    伊豆諸島、小笠原などでは少なく、屋久島以南沖縄でもあまりとれない、どちらかというと珍しい魚。見た目は地味であるが、身質がよく高級魚といえそい。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は少ない。やや高値。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は硬く取りにくい。すき引きすべきかも。皮は厚くて強い。
    血合いの赤い透明感のある白身。熱を通すとやや縮む。
    いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、汁(鍋、みそ汁)、まーす煮、バター焼き、塩焼き
    刺身◆白身でイヤミがない上にうま味がある。また皮は少し硬いが、ここにもうま味が強い。後味に甘味がある。実に美味しい。
    汁◆いいだしがでるので、沖縄などの魚汁(みそ汁)にして非常に美味。また野菜などと鍋ものにしてもいい味である。
    まーす煮◆少量の水と塩で蒸し煮にすると、硬く締まらずに非常にうまい。汁にうま味のがあり、皿ねぶりといったうまさ。
    バター焼き◆じっくりとバターでソテーすると、ふっくらとして皮目が香ばしくて美味しい。
    塩焼き◆塩焼きにすると皮目が強く縮むのが難点であるが、しっとりとした白身でうまい。
    マダラタルミの刺身刺身◆白身でイヤミがない上にうま味がある。また皮は少し硬いが、ここにもうま味が強い。後味に甘味がある。実に美味しい。
    マダラタルミの汁汁◆いいだしがでるので、沖縄などの魚汁(みそ汁)にして非常に美味。また野菜などと鍋ものにしてもいい味である。
    マダラタルミのまーす煮まーす煮◆少量の水と塩で蒸し煮にすると、硬く締まらずに非常にうまい。汁にうま味のがあり、皿ねぶりといったうまさ。
    マダラタルミのバター焼きバター焼き◆じっくりとバターでソテーすると、ふっくらとして皮目が香ばしくて美味しい。
    マダラタルミの塩焼き塩焼き◆塩焼きにすると皮目が強く縮むのが難点であるが、しっとりとした白身でうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「マダラタルミ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ