ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナミフエダイ(Blue-lined snapper)

学名:Lutjanus rivulatus (Cuvier,1828)

ナミフエダイの形態写真

体長70センチ前後になる。側へんし、体高があり鯛型。頭部に波型のすじ無数に走る。鹿児島県産

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属
    外国名
    Blue-lined snapper
    学名
    Lutjanus rivulatus (Cuvier,1828)
    漢字・由来
    漢字 並笛鯛
    由来・語源 フエダイ科の魚であって、頬に波状の斑紋があるため。
    地方名・市場名
    別名/ホシタルミ(星樽見)。
    鹿児島でムキ。
    沖縄本島でイナクー、宮古でサザナミ、八重山でイナフクー。
    生息域
    海水魚。高知県、鹿児島県以南。〜インド・中部太平洋域。
    汽水域、岩礁域。
    生態
    基本情報
    主に沖縄県、鹿児島県であがる魚。
    まとまってとれることはなく、両県でも珍しい。
    白身で味がよく、やや高値となる。
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄県、鹿児島県が産地。まとまってとれない魚だが、フエダイ属の大型魚はおしなべてやや高値。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    味わい
    旬は春から夏。
    産卵後(夏から秋)の短い期間をのぞけば味はあまり落ちない。
    鱗は硬く取りにくい。
    皮はあまり固くない。
    白身で透明感があり、ほどよく繊維質で身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身(焼き霜造り)、まーす煮、みそ汁、塩焼き
    刺身◆血合いは赤と白の縞模様できれい。味わいは見た目以上に美味。白身としても最上級。
    まーす煮◆少量の塩味の水分で蒸し煮する沖縄の郷土料理、まーす煮にすると白身ならではのイヤミのなさに、強い甘みとうま味が感じられる。身離れのよさ、蒸し煮した汁に出ただしともども官能的な味わい。
    みそ汁◆あらでみそ汁というのもうまい。刺し昆布をしたくらいでも濃厚な汁になり、麦味噌の香ばしさと相性がいい。
    塩焼き◆淡泊で物足りないか? と心配したら、実に滋味豊かな味わい。身離れがよく、練り絹のような舌触り。こんなものを料理店で出されたら、種を言い当てるのは至難だろう。




    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(丸に万) 鹿児島県鹿児島市
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ナミフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ