ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マダラタルミ属

Classification Macolor

フエダイ科について

フエダイ科の水揚げ フエダイ科は魚類中もっとも多くの種をかかえている。熱帯・亜熱帯に多く、国内ではほんしゅう中部あたりまで見ることができる。しかもほぼ総てが食用となっている。代表的な属を揚げる。
フエダイ属/体高があって側へん、いわゆるル鯛型である。体長30cm弱から1メートルを超えるものまで多彩。
ハマダイ属/ハマダイ、オオクチハマダイ、ハチジョウアカムツなど主数は少ないものの。東京都諸島部、鹿児島県、沖縄県などではとても重要なものだ。
アオダイ属/東京都でもお馴染みの高級白身ばかり。アオダイをはじめ、総て高値で取引されている。
ヒメダイ属/ハマダイ類とともにやや体が細長い。重要なのはヒメダイやオオヒメダイ。上質の白身として関東でも人気が高い。
注/バラフエダイなどシガテラ毒を持つ種がいる。

マダラタルミ属について

 多くの種を抱えるフエダイ科にあって、2種だけのマダラタルミ属は珍しい魚であることからしてマイナーな存在である。
 ただ体長70cm前後でも体高があり、左右にもやや厚みがあるので重さ5kgを超える。実際に手にしてみると非常に大型なのがわかる。
 マダラタルミとホホスジタルミの2種の成魚は外見的にも非常に似ている。また上質の白身であることも同じである。
 味のいい魚ばかりのフエダイ科のなかでも、突出した味わい。特に刺身の味は絶品である。知名度が上がれば値段も急騰しそう。

マダラタルミ属に属する仲間一覧