ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒメダイ(英名/Crimson snapper,Sea-perch,Snapper)

学名:Pristipomoides sieboldii (Bleeker)

代表的な呼び名オゴダイ

ヒメダイの形態写真

体長50センチ前後になる。やや細長い紡錘形。斑文はなく、尾鰭は褐色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属
    外国名
    英名/Crimson snapper,Sea-perch,Snapper
    学名
    Pristipomoides sieboldii (Bleeker)
    漢字・由来
    漢字 姫鯛(himedai)
    由来・語源 不明
    地方名・市場名
    別名、チビキモドキ。
    オゴ(オゴダイ)/関東、伊豆諸島、小笠原
    コマス/八丈島でヒメダイをコマス、オオヒメをオオマス。
    グルクンマチ/沖縄ではアオダイ、ヒメダイ、オオヒメ、ハマダイをマチ類といい、本種はグルクンマチ。
    スイキ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    その他、アカキタイ、アカサバ、アカトンボ、イチキ、オゴ、クルキンマチ、クルギンマチ、コマス、チイキ、ヘエシ、ホンチビキ、マーマチ、マチ、ママチ、マルダイ、メダイ。
    生息域
    海水魚。水深100以深。
    熊本県天草、伊豆諸島、小笠原諸島、北硫黄島、硫黄島、神奈川県三崎、相模湾、駿河湾、和歌山県紀南、土佐湾、鹿児島県大隅海峡、奄美大島以南の琉球列島、南大東島。朝鮮半島南岸、台湾、東沙諸島、インドー太平洋域。
    生態
    産卵期は春から夏。
    基本情報
    東京都諸島部、鹿児島県、沖縄県に多い魚。
    都内のプロの間ではオオヒメと区別しないで、かなり古くから上物白身魚として認知されていた。
    主に料理店、すし店などの扱う魚で一般的な流通網にはのらない。
    水産基本情報
    市場での評価 東京では伊豆諸島や小笠原から安定して入荷がある。値段は高く、キロあたり卸値2000円前後。
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県、東京都、
    選び方
    触って硬いもので鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は春から初夏
    年間を通じてあまり味が落ちない。
    鱗は小さくて取りやすい。皮はやや硬くて強い。骨は硬い。
    透明感のある白身で血合いは薄くて広い。熱を通しても縮まない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    生食(刺身、皮霜造り、カルパッチョ、セビチェ)、ソテー(バター焼き、ポワレ)、焼く(塩焼き)、汁(みそ汁、潮汁)、揚げる(フライ、唐揚げ)、煮つけ
    ヒメダイの皮霜造り生食 クセのない白身でほどよい硬さをしている。適度にうま味があり、ほんのりと甘い。皮を生かしての皮霜造りにしても美味しい。他にはカルパッチョ、セビチェ。
    ヒメダイのソテーソテー ポワレが実にいい。皮はかりっとして香ばしく、身はしっとりと硬く締まらない。バター焼きにもなる。
    ヒメダイの塩焼き焼く 少し寝かせてから塩焼きにする。あまり鮮度のいいものよりもうま味が増すと思う。
    ヒメダイの汁 アラなどのみそ汁、潮汁は実に美味しい。思った以上にいいだしが出て、滋味豊かだ。
    揚げる 上品な白身で熱を通しても縮まないので、フライにして美味。唐揚げなども美味しい。
    煮つけ アラなどを煮つけにするとなかなかいい味である。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    東京周辺、伊豆諸島付近ではオゴダイ、と呼ばれて、中深場釣りの対象魚として人気がある。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『魚河岸の魚』(高久久 日刊食料新聞社 1975)
  • 主食材として「ヒメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ