ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イシフエダイ(Small toothed Jobfish)

学名:Aphareus furca (Lacepède, 1802)

イシフエダイの形態写真

体長40cm前後になる。口は大きく瞳の中央よりも後方まで。退色は暗い青灰色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科イシフエダイ属
    外国名
    Small toothed Jobfish
    学名
    Aphareus furca (Lacepède, 1802)
    漢字・由来
    漢字 石笛鯛
    由来・語源 不明
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。岩礁域・サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸島、火山列島、沖ノ鳥島、相模湾西岸、土佐湾、琉球列島、南大東島。台湾、南沙諸島、インド-太平洋域。
    生態
    産卵期は夏だと思われる。
    基本情報
    鹿児島県、沖縄県奄美大島などでの食用魚。フエダイ科のなかでも漁獲量の少ないものだと思われる。
    沖縄県で聞いた限りは色合いからあまり高価ではないが、味のよさは知られているとプロの方から教えてもらった。
    水産基本情報
    市場での評価/鹿児島県、沖縄県での食用魚。色合いのためにあまり高くない。
    漁法/釣り
    産地/沖縄県、鹿児島県
    選び方
    触って張りのあるもの。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は春から初夏だと思う。
    鱗は薄くやや大きく取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが弱い。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、ソテー(バター焼き、ムニエル)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、揚げる(フライ)
    イシフエダイの刺身刺身 1尾だけの評価で、鮮度的にはイマイチの状態であったが、実にうま味が強く、しかも後味が軽い。脂も感じられて絶品だった。漁獲量の少ない魚ながら最上の状態ならより味がいいと思われる。
    イシフエダイのバター焼きバター焼き 皮付きの切り身に塩コショウする。少し寝かせて、最初はサラダ油などで皮目をかりっと香ばしくソテーする。この油を一度捨て、バター(マーガリン)で風味づけしたもの。ソテーして身がふんわりと上がり、いい味だった。
    イシフエダイの煮つけかぶと煮 かぶとの部分を半割にして、湯通しする。冷水に取り、鱗や血液などを洗い流す。水分をよく拭き取り、酒、みりん、しょうゆ、水を合わせたもので煮た。煮て硬く身が締まらず、この身に甘みがある。
    イシフエダイのみそ汁みそ汁 中骨を使ってみそ汁にしてみた。塩味の潮汁もよさそうである。中骨は一度湯通し、冷水に取り残った鱗や血液などを落とす。水分をよく拭き取り、昆布だし(水でもよい)で煮だしてみそを溶く。実に味わい豊かでおいしい。
    イシフエダイのフライフライ 上質の白身で熱を通すとふわっと軟らかくふくらむ。当然、フライに最適である。血合いが目立つが味は抜群にいい。
    イシフエダイの塩焼き塩焼き 切り身に振り塩をして半日ほど寝かせる。これをじっくりと焼き上げたもの。焼いても硬く締まらず、ふんわりとふくらむ。身に甘みがあってしかも上品な味に仕上げる
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イシフエダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ